ホーム

2019年6月18日

本サイトは主に「IoT電子工作 スマートリモコン製作キット」を利用して学習する工作ガイドとなります。
そのため、キットに含まれるArduino互換「ESP-WROOM-32」の開発ボード「ESP32-DevKitC」を用いた電子工作となります。

本キットを利用することでAIスピーカ連携し音声操作で家電を制御できたり、屋外からスマホで家電を制御などの電子工作を行うノウハウを学習することができます。

本サイトで説明する電子工作一覧は以下を参照ください。以下の内容を順番に電子工作を行うことで基礎から応用まで学習することができます。

No分類内容
1事前準備事前準備
2-1電子部品利用LED点滅
2-2照度センサ
2-3温湿度センサ
2-4人感センサ
2-5赤外線リモコン受信
2-6赤外線リモコン送信
3-1Wi-Fi利用Wi-Fi無線接続
3-2Webサーバ機能
3-3スマホでLEDを制御
4-1データ利用EEPROMによるデータ利用
4-2SPIFFSによるファイル操作
4-3スマホで家電操作(屋内)
5-1クラウド利用人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3AIスピーカ連携スマートリモコン(屋外スマホ対応)
5-4全機能実装スマートリモコン

また、Scratch(遠隔センサー接続)を利用してグラフィカルにプログラムする方法について説明します。

No分類内容
6-1事前準備Scratch環境構築
6-2-1Scratch用ESP32-DevKitC環境構築1インターネットなし
6-2-2Scratchプログラム1暗くなったらライトON
6-3-1Scratch用ESP32-DevKitC環境構築2インターネットあり
6-3-2Scratchプログラム2暑くなったらメール通知
6-3-3Scratchプログラム3クラウドへデータ保存

 

本サイトに記載されている説明及びサンプルを運用して得られた結果について、株式会社SOCINNOは一切の責任を負いませんのでご了承頂きますようよろしくお願いします。また、本サイトの操作及び内容によって生じた損害及び本サイトの内容に基づく運用の結果生じた損害につきましても当社は一切の責任を負いませんので予めご了承頂きますようよろしくお願いします。
電子工作については個人の責任の範囲内にて実行して頂きますようよろしくお願いします。
本サイトの制作にあたり正確な記述に努めておりますが、内容に誤りや不正確な記述がある場合も当社は一切責任を負いません。
本サイトの内容は最新情報への追随などのため随時更新されますので、あらかじめご了承下さい。
システム環境、ハードウェア環境によっては記載通りに動作及び操作できない場合がありますのでご了承頂きますようよろしくお願いします。