1.事前準備(sLab-Remo)

2019年9月30日

「IoT電子工作 スマートリモコン」は本サイトでは「sLab-Remo(エスラボ・リモ)」として説明しています。
「sLab-Remo」を電子工作するため事前準備として環境構築が必要です。

ここでいう環境構築は、ブレッドボード上での回路配線とソフトウェア(Arduinoスケッチ)を除く、パソコンへのソフトインストールや各種設定などになります。
本ガイドの全項目を実施するために必要な環境構築が以下となります。
【必ず全ての環境構築が必要ではありません。個々の項目を参照し必要により実施して下さい。また、1-1から順番に実施すると必要なタイミングで環境構築を実施していけるようにガイドは製作されています】

ArduinoIDE環境構築

ArduinoIDEライブラリインストール

Scratch3.0環境構築

④IFTTT設定
(作成するアプレットは工作したい内容により変わるため、こちらも参照下さい。)

Beebotte設定

実施した工作の配線やスケッチについて、個々の項目で学習して下さい。