sLab-Remo

2019年9月30日

sLab-Remo(エスラボ・リモ) 「IoT電子工作 スマートリモコン」

sLab-RemoはLチカ(LED点滅)と呼ばれる電子工作の基礎から学習することができ、また、スマートリモコンとしてAIスピーカ連携し音声操作で家電を制御できたり、屋外からスマホで家電を制御など応用的な電子工作も学習することができます。

電子工作の学習

本サイトで説明する電子工作一覧は以下を参照ください。基礎から順番に電子工作を行い応用まで学習することができるようにカリキュラムされています。

No分類内容
1事前準備事前準備
2-1電子部品利用LED点滅
2-2照度センサ
2-3温湿度センサ
2-4人感センサ
2-5赤外線リモコン受信
2-6赤外線リモコン送信
3-1Wi-Fi利用Wi-Fi無線接続
3-2Webサーバ機能
3-3スマホでLEDを制御
4-1データ利用EEPROMによるデータ利用
4-2SPIFFSによるファイル操作
4-3スマホで家電操作(屋内)
5-1クラウド利用人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3AIスピーカ連携スマートリモコン【屋外スマホ/GPS連携】
5-4全機能実装スマートリモコン

Scratch1.4でプログラミング学習

Scratch1.4(遠隔センサー接続)を利用してグラフィカルにプログラムする方法について説明します。

No分類内容
6-1事前準備Scratch1.4環境構築
6-2-1Scratch1.4用ESP32-DevKitC環境構築1インターネットなし
6-2-2Scratch1.4プログラム1暗くなったらライトON
6-3-1Scratch1.4用ESP32-DevKitC環境構築2インターネットあり
6-3-2Scratch1.4プログラム2暑くなったらメール通知
6-3-3Scratch1.4プログラム3クラウドへデータ保存

Scratch3.0でプログラミング学習

Scratch3.0(拡張機能)により、専用ブロックでグラフィカルにプログラムする方法について説明します。

No分類内容
7-1事前準備Scratch3.0環境構築
7-2-1Scratch3.0用ESP32-DevKitC環境構築1インターネットなし
7-2-2Scratch3.0プログラム1暗くなったらライトONなど
7-3-1Scratch3.0用ESP32-DevKitC環境構築2インターネットあり
7-3-2Scratch3.0プログラム2暑くなったらメール通知
7-3-3Scratch3.0プログラム3クラウドへデータ保存

ダウンロード一覧

項目項目内容ダウンロード対応ハード/ソフト
2〜5電子部品利用
〜クラウド利用
ArduinoIDEスケッチ(ESP32)
6-2-1Scratch1.4接続用
インターネット接続なし
ArduinoIDEスケッチ(ESP32)
6-2-2暗くなったらライトONScratch1.4プロジェクト
6-3-1Scratch1.4接続用
インターネット接続あり
ArduinoIDEスケッチ(ESP32)
6-3-2暑くなったらメール通知Scratch1.4プロジェクト
6-3-3クラウドへデータ保存Scratch1.4プロジェクト
7-2-1Scratch3.0接続用
インターネット接続なし
ArduinoIDEスケッチ(ESP32)
7-2-2暗くなったらライトONScratch3.0プロジェクト
7-3-1Scratch3.0接続用
インターネット接続あり
ArduinoIDEスケッチ(ESP32)
7-3-2暑くなったらメール通知Scratch3.0プロジェクト
7-3-3クラウドへデータ保存Scratch3.0プロジェクト

【参考:ESP-WROOM-02用 [ESP8266用]】

「4-3.スマホで家電操作(屋内)」のスケッチを学習用に公開しています。
SPIFFSはESP8266用が必要ですので、こちらより最新版をダウンロードしArduinoの「tools」フォルダに入れて利用下さい。